会社行きたくなかったんです。

自由になりたくて会社辞めました

Amazon ビジネス プログラミング ヤフオク!

ヤフオクとアマゾンFBAの在庫をAPIで連携させるツールに関して考えてみました。

投稿日:

アマゾンFBAの在庫をヤフオクに出品して、売れたらアマゾンのマルチチャンネルサービスを使って発送する。
これができたら、在庫の回転率があがるので、資金繰りが楽になりそうだし、利益も増えそうです。

スポンサーリンク

完全自動は無理ですが、

ヤフオクで売れたのに、在庫がない!

なんてことがないようにできそうな仕組みを考えました。
ヤフーAPIとアマゾンMWSを使用します。

ヤフオクとアマゾンFBAの在庫をAPIで連携させるツールの仕様

大雑把な処理の流れは以下です。

  1. ヤフオクの商品IDとアマゾンのSKUを紐付けしたデータを作成する。
  2. 定期的にヤフオクの出品状態を監視する。
  3. 定期的にアマゾンFBAの在庫数をチェックする。

各処理に関して、説明します。

1.ヤフオクの商品IDとアマゾンのSKUを紐付けしたデータを作成する。

これは、データベース等にデータを保存すれば良いです。

このデータを元に、定期チェックを行います。

2.定期的にヤフオクの出品状態を監視する。

ヤフオクの商品IDを元に、ヤフオクの出品状態を知るためには、「オークション商品詳細」APIを使います。

入札が入ったり、落札されたら、MWSのCreateFulfillmentOrderで、マルチチャンネル出荷を作成し、保留状態にします。
FulfillmentAction = Holdを指定すれば、2週間保留できます。

保留の時点では住所はわからないので、自宅の住所などにしておくとよいです。

落札され、入金確認後に、UpdateFulfillmentOrderを使用して、住所を更新し、出荷します。

3.定期的にアマゾンFBAの在庫数をチェックする。

アマゾンFBAの在庫数は、ListInventorySupplyで確認できます。

在庫切れになったら、ヤフオクで出品取り消しします。
ヤフオクの出品取り消しは、出品APIでしか行うことができません。

出品APIは個別の契約をしないとしようができないので、アマゾンで在庫切れになったら、自分にメールを送ることで対処します。

ヤフーのアプリケーション設定ですが、「オークション商品詳細」APIしか使わないので、クライアントサイドのアプリケーションIDを取得して使用すれば良いと思います。

クライアントサイドなら、アクセストークンとか使用しないので簡単です。

以上のシステムを完成させれば、作業の流れは以下のようになります。

  • FBAの在庫をヤフオクに出品
  • 売れたら住所入力して、「UpdateFulfillmentOrder」ボタンをポチッとする。
  • 在庫切れは、メール内のリンクからヤフオクの出品取り消し。
  • ヤフオクの取引ナビの対応

 

-Amazon, ビジネス, プログラミング, ヤフオク!

Copyright© 自由になりたくて会社辞めました , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.