会社行きたくなかったんです。

自由になりたくて会社辞めました

Yahoo! ビジネス

ヤフーショッピングAPIのクライアント証明書を申請しました。

更新日:

ヤフーショッピングAPIの「注文に関するAPI」のうち、

orderList、orderInfo、orderChange

はリフレッシュトークンの有効期限が12時間です。(その他は4週間です。)

 

スポンサーリンク


その為、自動的にヤフーショッピングストアの注文を処理するバッチ処理を作成する場合、12時間に一度、手動でヤフーのパスワードを入力する必要があります。

参考
Yahoo!APIのリフレッシュトークンによるアクセストークン更新の流れを考えてみた。

ヤフーショッピング注文APIの利用申請完了しました。

この12時間制限は次の画像の「③【任意】注文関連APIで証明書認証を行う。」の部分の手続きを行うことで、解除できます。
こちらのページに詳しく記述されています。

(画像引用元:https://developer.yahoo.co.jp/webapi/shopping/help.html)

ということで、今回はヤフーショッピングAPIのクライアント証明書を申請手順を紹介します。

ヤフーショッピングAPIのクライアント証明書を申請手順

ストアクリエイターProの画面右下にある「各種申請リンク」枠内の「API証明書発行申請フォーム」をクリックします。

「新規発行」にチェック

 

「利用規約に同意します」にチェックを入れて、「送信」をクリック

以上で完了です。

注文APIの証明書有効期限は発行した月より1年間なので、今月発行されたら、2018年5月まで有効です。
1年有効なら、ストレスないです。

証明書を使って認証する方法のはこちらのページに解説があります。

ヤフーショッピングAPIのクライアント証明書ダウンロード可能になりました。

2017年6月21日に申請して、6月29日にストアクリエイターProにログインしてみたら、通知とダウンロードボタンが表示されていました。

ヤフーショッピングAPIのクライアント証明書

なぜか有効期限が、2017/08/23となっています。14ヶ月になったのかもしれません。

ダウンロードしてみました、「SHP-[ストアコード].zip」という名前のファイルです。

解凍すると、以下の2つのファイルが入っていました。

  • [ストアコード].key(秘密鍵)
  • SHP-[ストアコード].crt(SSLクライアント証明書)

これらを使って、アクセストークンを取得すれば、4週間毎のログインでツールを稼働させることができます。

 

 

 

 

 

-Yahoo!, ビジネス

Copyright© 自由になりたくて会社辞めました , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.