会社行きたくなかったんです。

自由になりたくて会社辞めました

Amazon

アマゾンプライムは解約できる!日割りで返金してもらえる。

更新日:

アマゾンプライムって、気づかないあいだにうっかり入会していて、しばらくしたらクレジットに請求が…
ていうことがありますね。
僕は、買い物用のアカウントと、プライムビデオ用のアカウントを分けているので、アマゾンプライムに2つのアカウントで入会しています。

スポンサーリンク

先日、母にクレジットの明細みせられ、

これ何?どこに電話すればいいの?
と言われました。

母や、気づかない間にAmazonプライム無料体験に申し込んでいたようです。
話を聞いてみると、アマゾンはほとんどつかわず、楽天がメインなので、解約することにしました。

解約の手順は簡単です。

Amazonプライム解約の手順

まずは、アマゾンの画面で、自分の名前にマウスカーソルを合わせ、「アカウントサービス」をクリックします。
そして、「プライム」をクリックします。

サインインします。

左側の「会員資格を終了する」をクリックします。

さらに、「会員資格を終了する」をクリックします。
まだ、この時点では解約完了になりません。

いつからかわかりませんが、日割で返金できるようになっています。
会員期間終了日(2017/07/20)までは、あと65日です。
あと何日かは、こちらのサイトで調べることができます。

返金額は663円です。

返金額の計算方法がどうなっているのか考えてみました。

663円が何日分になるのか次の式で計算してみました。

663÷3900×365=62.05

62日分なので、会員期間終了日3日前までの日割なのかもしれません。

解約忘れ防止の更新3日前メール通知機能があります。これで、3日前に解約が殺到した場合に、返金する必要があるとしたら、事務作業が膨大になりますからね。

試しに、Amazonプライム解約の手順の途中で、「更新前にお知らせを受けます。」ボタンをクリックしてみました。

 

「期間が終了する3日前の2017/07/17にEメールが送られます。」と表示されました。
2017/07/17までは、あと62日です。

会員期間終了日3日前までの日割というのは、たぶん正しいですね。

メールがきたら、返金額を確認してみようと思います。

 

試しに、母のアカウントで解約してみました。
一回も使用していないと、全額返金になるようです。

今日は2017/05/16で、既にクレジットへの請求は来ているので、一旦支払った後、請求されます。
クレジットカードへの返金ということで、返金処理に1~3日かかると書いてありますが、クレジット会社経由なので、実際にはもっと時間がかかるでしょう。

アマゾンで頻繁に買い物するなら、アマゾンプライムは、かなりオススメです。
僕は、アメリカのAmazon.comのプライム会員にもなっています。

2017/07/18追記:

会員期間終了日3日前の2017/07/17になったので、解約時の日割り料金を確認してみました。

17日の23:40は39円の返金です。約3日分です。

18日の13:32も39円の返金でした。

18日の23:18でも39円の返金です。

39円は、約3日分の返金額です。

返金額は3日毎に減少するのかもしれませんね。

解約し忘れそうなので、解約しておきました。

ちなみに、Amazon MasterCardゴールドを持っていると実質的にアマゾンプライムは、ほぼ無料になります。

僕は、現在、Amazon MasterCardゴールドを設定してあるアカウントを持っているので、そちらを利用しています。

アマゾンポイントもどんどん貯まるので、ポイントでKindle本を買いまくっています。

-Amazon

Copyright© 自由になりたくて会社辞めました , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.