会社行きたくなかったんです。

自由になりたくて会社辞めました

VB.net プログラミング

VB.netのアプリにPDFビューアーを組み込む方法

投稿日:

VB.netのアプリにPDFビューアーを組み込む方法の説明です。
VB.netのWIndowsフォームアプリを作成します。
参照のCOMで、「Adobe Acrobat 7.0 Browser Control Type Library 1.0」を追加します。

「ツール」→「ツールボックスアイテムの選択」を開き、
COMコンポーネントタブで、「Adobe PDF Reader」を追加します。

ツールボックスに、「Adobe PDF Reader」が追加されました。

デザイナで、フォームに追加してみました。

AxAcroPDF1.LoadFile("PDFファイルのパス")
で表示できます。

何回か表示していると、右側に「タスクパネルウインドウ」という邪魔なものが表示されてしましまいます。

 

「Adobe Acrobat Reader CC」を起動させ、
「編集」→「環境設定」→「文書」の
「ツールパネルの現在の状態を記憶」にチェックを入れておくと、表示しなくすることができると書いてありますが、何回か表示しているうちに復活してしまいます。

 

UACが有効で、管理者として実行していると、AxAcroPDF1.LoadFile("PDFファイルのパス")でエラーも何もでないけど、PDFファイルも表示されないという現象が発生します。
管理者権限のアプリでAdobeのCOMコンポーネントを使いたい場合、別exeで作成して子プロセスとして呼び出すと良いです。
そのとき、通常の権限で子プロセスを呼ぶ方法は以下を参考にしてください。
VB.netで子プロセスの権限を降格させて起動させる方法

 

 

-VB.net, プログラミング

Copyright© 自由になりたくて会社辞めました , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.