会社行きたくなかったんです。

自由になりたくて会社辞めました

IT Panasonic HX-A100 ガジェット

Panasonic ウェアラブルカメラHX-A100をヘッドマウント VW-HMA1-Kにつけてみました。

投稿日:

Panasonic ウェアラブルカメラ HX-A100を数年前に手に入れたのですが、撮影した画像をスマホみたいに簡単に確認することができないので、使用していませんでした。
HX-A100は2013年に発売された端末ですが、防水機能があり、画質もわるくないので、夏、海やプールでの水遊びの撮影には最適です。

スポンサーリンク

HX-A500という新しいモデルも販売されています。

HX-A100には、使用するにあたり、いくつか問題点があります。

HX-A100の問題点

イヤーフックが不安定。

撮影した動画の確認がしづらい。

ファイルの更新日時が9時間ずれる。

イヤーフックの問題は、VW-HMA1-Kを購入することで解決しました。

こちらの商品です。

VW-HMA1-K 届きました。

HX-A100も、ちゃんと取り付けできました。

 

VW-HMA1-Kを使って、動画を撮影してみました。

ほぼ、目線で撮影できています。

撮影した動画の確認がしづらい問題ですが、Panasonic Image Appをスマホにインストールすれば、SDカードをパソコンに挿したりすることなく、写真、動画を確認できます。
Panasonic Image Appのインストールと接続設定に関してはこちらです。
ウェアラブルカメラHX-A100をPanasonic Image Appで接続設定しました。

ただ、Wi-Fi経由なので、動きが遅いです。
いちいち、パソコンでSDカードの中身をみるのもめんどくさいです。
microSDカードをスマホに挿入すれば、スマホで撮影した画像みたいに、スワイプしながらみることができて便利です。

ファイルの更新日時が9時間ずれる問題に関してですが、ファイルの更新日時が、世界標準時になっています。

画像の場合は、Exifデータに撮影日時が保存されているので、ファイルのプロパティの詳細タブで確認できます。

動画の場合は、プロパティから確認することができません。
「MediaInfo」というフリーソフトで、「エンコード日」を確認すれば良いです。ただ、HX-A100 の場合、「MediaInfo」の場合、「エンコード日」が次の画像のように、「UTC 2017-07-04 14:32:07」となっていたとしても、実際には、UTCではなく、JSTの時刻になっています。
つまり、この場合、「2017-07-04 14:32:07」が動画撮影日時です。
ですが、結局は更新日時に9時間足したものが、動画撮影日時だと判断すれば良いです。

ちなみに、Xperia XZ Premiumの場合は、「エンコード日」が実際にUTCになっています。
そのため、Xperia XZ PremiumにHX-A100のmicroSDカードを挿入して確認すると、動画の撮影日時が、9時間後になります。
この辺に関しては、別記事に記述しました。
VB.netでメディアファイル(写真、動画)のメタデータを取得する方法

-IT, Panasonic HX-A100, ガジェット

Copyright© 自由になりたくて会社辞めました , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.