会社行きたくなかったんです。

自由になりたくて会社辞めました

ニュース

飛行機のオーバーブッキング(ダブルブッキング)日本でも起きるの?

投稿日:

飛行機のオーバーブッキング(ダブルブッキング)によるトラブルが、最近、時々ニュースで取り上げられています。

オーバーブッキング というのは、座席の数よりも、多く、予約をとるということです。

スポンサーリンク


航空会社は 、できるだけ店員に近い人数で運行することで利益を最大化することができます。
そのため、このような過剰予約が行われます。
しかも、これは違法ではないようです。
過剰予約が行われる理由はキャンセルが発生する可能性があるからです。

実際にオーバーブッキング発生したときの対応

実際にオーバーブッキング発生したときの対応は、主に

  • 別便に案内
  • 座席をアップグレード
  • キャンセル待ち

の3パターンになります。

日本の場合、1~2万の協力金がもらえることもあるようです。

座席をアップグレードというのは、エコノミークラスが満席でも、ビジネスクラスやファーストクラスが空いている可能性があるからです。

年末年始やGWに新幹線に乗ろうとすると、グリーン車しか空いていないことがあるのと同じですね。

予約したのに乗れないなんて、ニュースで知るまで、考えたこともありませんでした。
名古屋の場合だと、地下鉄で金山まで行って、金山からさらに30分くらい電車でいって、しかも重い荷物をもっていて、セントレアに着いたら、乗れませんって言われるってことですからね。

セントレアから行けない場合は、
地下鉄で名古屋駅、新幹線で品川、バスで成田とかですからね。

しかも、なかなか会社を休めない日本ですから、そんなことが頻発したら、海外みたいに暴動が起きそうです。

日本ではオーバーブッキングは起きない?

オーバーブッキングの話を聞いたことがないので、日本ではオーバーブッキングは起きないかというと、そうでもありません。
実際には、起きているのですが、最終的に乗れないというパターンは、10万人に1人か2人です。

ナンバーズ4が当たる確率よりも低いですね。

将来は、人工知能などの記述で、さらにオーバーブッキングがかぎりなくゼロに近くなりそうですね。
搭乗者全員の動きがわかると、
この人は、まだ家でてないから、間に合わないとかがわかります。
そうすると、かなり早めに連絡したり、対応することができるので、飛行機に乗る予定だった人も、柔軟に対応できるはずです。

-ニュース

Copyright© 自由になりたくて会社辞めました , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.