会社行きたくなかったんです。

自由になりたくて会社辞めました

IT Trello API Web API プログラミング

Trello APIを使ってみました。

更新日:

無在庫ネットショップの注文通知をSlackで自分に通知するようにしていたのですが、SlackよりもTodo管理アプリを利用したほうが良いのではないかと思い、Trello APIを使ってみることにしました。

スポンサーリンク

まずは、キーとトークンを取得します。

Trelloにログインした状態で以下のURLにアクセスすることで、開発者向けAPIキーを取得できます。
https://trello.com/app-key

開発者向けAPIキーをメモして、「Token」をクリックします。

「許可」をクリックします。

トークンの取得ができました。

次のURLにアクセスすることで、ボード一覧を取得することができます。

https://trello.com/1/members/me/boards?key=[開発者向けAPIキー]&token=[トークン]&fields=name

次のようにJSON形式で取得できます。

[{"name":"Trelloへようこそ","id":"[ボードID]"}]

次のように、ボードIDを指定したURLにアクセスすることで、ボード内のリストを取得することができます。
h

ttps://trello.com/1/boards/[ボードID]/lists?key=[開発者向けAPIキー]&token=[トークン]&fields=name

ボードIDは、ボードを開いた時のURLでもわかります。
https://trello.com/b/[ボードID]/[ボード名]

「/1/members/me/boards」で取得できるボードIDとURLからわかるボードIDは違いますが、動作は同じです。

Trelloに最初からある「Trelloへようこそ」というボードの内容を取得してみました。

[{"id":"[リストID]","name":"これは「リスト」です"},{"id":"[リストID]","name":"カードをドラッグしてこちらのリストに移動してみましょう"}]

fields=nameとしてあるので、nameしか返ってきていませんが、fields=allとすれば、全てのパラメータが返ってきます。
fields=name,status とすれば、nameとstatusが返ってきます。

これで、カード一覧を取得できます。

https://trello.com/1/boards/[ボードID]/cards?key=[開発者向けAPIキー]&token=[トークン]&fields=name,idList

idListで、どのリストに属しているかわかります。

次の記事では、VB.netでTrello APIを使ってみました。
VB.netでTrello APIを使ってみました。

-IT, Trello API, Web API, プログラミング

Copyright© 自由になりたくて会社辞めました , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.