会社行きたくなかったんです。

自由になりたくて会社辞めました

Azure

Microsoft AzureでUbuntuの仮想マシンを作ってみました。

投稿日:

パソコンで楽しむ 自分で動かす人工知能」という本を購入しました。

この本では、Ubuntuを使うということなので、試しにMicrosoft AzureでUbuntuの仮想マシンを作ってみることにしました。

スポンサーリンク

Microsoft Azureにログインして、「Virtual Machines」をクリック

「追加」をクリック

細かいことはよくわからないので、「ubuntu」と検索して一番上にでてきた、「Ubuntu Server 16.04 LTS」をクリック

「作成」をクリック

SSH公開キーを設定したほうが良いようですが、練習なので、名前、ユーザー名、パスワードを入力し、リソースグループは新規作成を選択して、適当な名前を入力して、「OK」をクリックしました。
VMディスクの種類は「HDD」にしました。そうしないと、料金が高いサイズ(最低月9000円くらい)しか選べません。

HDDを選択しても、最低、月5539円です。
まあ、起動したままにしなければ問題ないのですが、うっかりシャットダウンするのを忘れることがあるので、一番安い「A1 Standard」にしました。

「オプション機能の構成」では、念のため、自動シャットダウンを設定しておきました。

この構成だと、一時間あたり、7.44060円になります。
Ubuntuで10時間遊んでも、100円かかりません。
「作成」をクリックしました。

5分位でできました。

Tera Termを使って、IPアドレスと、ポートを指定し、ユーザーパスワードを入力すれば接続できます。
Tera Termは、次の記事で使用しました。
Windows7にTera Termをインストールしました。

Microsoft AzureでUbuntuの仮想マシンを作ってみたので、「パソコンで楽しむ 自分で動かす人工知能」の内容を試してみようと思ったのですが、すぐに挫折しました。
まだ、Linuxの理解レベルが低すぎて無理です。
なので素直に、本に書いてあるとおり、Virtual Boxを使用することにしました。

-Azure

Copyright© 自由になりたくて会社辞めました , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.