会社行きたくなかったんです。

自由になりたくて会社辞めました

クラウド

アレクサ盗聴問題 アマゾンエコーの盗聴を防ぐ方法

投稿日:

アマゾンのAIアシスタント「Alexa」が、ユーザーとの会話を録音し、それをアメリカのアマゾンの従業員が聞ける状態だったという問題がニュースになっています。

面白い会話をアマゾン社員が社員同士でシェアしていたとか言われています。
この問題で、さらに問題とされているのは、音声データがアマゾンのアカウントと紐付いていたということです。

GoogoleアシスタントやSiriは大丈夫?という疑問がわきます。
Google、Appleの場合は、データは匿名化されているらしいです。
匿名化するのは当たり前ですよね。
逆になぜアマゾンは匿名化していないのか?
その目的が気になります。
単なる怠慢なのかもしれませんが…。

スポンサーリンク

「スパイしているか?」というAlexaに聞くと

「私は、あなたが私をアクティベートした時にだけ、Amazonに音声情報を送っています。さらなる情報を得るにはAlexaのアプリのヘルプから、Amazonのプライバシー通知についてを見るか、『alexa.amazon.com』を見てください」

と答えるという投稿が以前ありました。
ということは、アマゾンエコーに対して「アレクサ」と呼びかけなければ問題ないということですね。

ただ、Alexaに関しては、ユーザーがスキルを開発できるので、誰かが何らかのセキュリティ上の穴をついたプログラムを書いてばらまく可能性はゼロではないでしょう。

Alexaスキル制作テクニック (I・O BOOKS)

100% アマゾンエコーの盗聴を防ぐ方法

100%アマゾンエコーの盗聴を防ぐ方法として思い浮かぶことは、一つしかありません。
他人に聞かれたくない状況のときには、コンセントを抜くことです。

こちらのスマートソケットを使えば、GoogleアシスタントとIFTTTを使えば、アレクサの電源を音声でコントロールできるでしょう。

スマートプラグ WIFI制御 エルエンスタジオ APPコントロールので遠隔操作できるスマートコンセント 電源制御 音声コントロールできるスマートソケット 完全の日本仕様 日本語説明書付き 1個

ただ、Googleアシスタント使ってるから、それも怖いじゃんという人は、
ラズパイ使えば、音声認識で電源制御する機械を自作することもできます。

-クラウド

Copyright© 自由になりたくて会社辞めました , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.