会社行きたくなかったんです。

自由になりたくて会社辞めました

IT Tips

Windowsページファイルを大きくする。最適値はいくつ?

投稿日:

ワードやエクセルで意味不明なエラーが発生し、フリーズしたり、突然アプリが落ちてしまうような場合、ページファイルの設定を変更することで、問題が解決することがあります。

ページファイルは、別名[仮想メモリ]とも言います。

物理メモリが足りなくなったら、ハードディスクの一部を仮想的にメモリの一部として使用するWindowsの機能です。

パソコンがフリーズしたりする原因の1つにメモリ不足があります。

ページファイルをパソコンの使用状況にあわせて、適切な値に設定することで、不具合が解消する可能性があります。

スポンサーリンク

Windowsのページファイルの設定変更手順

スタート→コントロールパネル

「システム」をクリック

「システムの詳細設定」をクリック

「詳細設定」タブ パフォーマンスの「設定」をクリック

「詳細設定」タブをクリック

仮想メモリの「変更」をクリック

「全てのドライブのページング ファイルのサイズを自動的に管理する」のチェックをはずします。

カスタムサイズを選択し、「初期サイズ」「最大サイズ」を入力します。

ここで、「初期サイズ」「最大サイズ」の適正値はいくつなのかという問題が発生します。

  • 「初期サイズ」:実装メモリ(RAM)の約1.5倍
  • 「最大サイズ」:実装メモリ(RAM)の約3倍

という記述を見つけたので、この通りに変更してみました。

実装メモリの確認方法は、
スタート→コンピュータを右クリック→プロパティ
です。

4GBのメモリを搭載しているので、

「初期サイズ」:6144(1024×6)

「最大サイズ」:12288 (1024×12)

としました。
設定を反映させるには、右側の「設定」ボタンをクリックします。

ページングファイルのサイズの下の欄が「システム管理」から「6144-12888」となっていることで、設定が変更されていることがわかります。

ページファイルの適正値はいくつなのか

ページファイルの適正値に関しては、いろいろな意見があります。

  • 無効にしたほうが良い。
  • 1.5~2倍
  • 1.5~3倍
  • 「タスクマネージャーのコミット」-「リソースモニターの使用中の物理メモリ」(一番負荷がかかるっている状態)

一番負荷がかかるっている状態で、
「タスクマネージャーのコミット」-「リソースモニターの使用中の物理メモリ」
が実際に必要な仮想メモリ(ページングファイル)の値となります。

なので、それが、最適値なのでしょう。

おそらく、人によりPCの使用方法が大きく異なることやPCのスペックも大幅に異なることにより、上のように千差万別の意見があります。

そもそも答えがあるような問題ではないということですね。

自分のパソコンで設定してみて、適正な値を見つけていくしかないと思います。

各値の確認方法は以下です。

タスクマネージャーを起動します。

「タスクマネージャーのコミット」 はこれです。

「リソースモニター」ボタンをクリックしてください。
「リソースモニターの使用中の物理メモリ」は これです。

画像の例だと、21943MB-22GB(22528MB)=-585MBなので、仮想メモリは不要だと言うことになります。

-IT, Tips

Copyright© 自由になりたくて会社辞めました , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.