会社行きたくなかったんです。

自由になりたくて会社辞めました

ラトックシステム RS-WFIREX3

スマホから家電リモコン操作。ラトックシステムのRS-WFIREX3を注文しました。

更新日:

Google HomeのCMで、電気を音声で操作するのを見ました。
それで、Google Homeがちょっと欲しくなったのですが、「OK、Google」と言いたくありません。
スマホでも、発音が悪いのか、うまく反応しないことあるし、「OK、Google」ってちょっと恥ずかしいです。

スポンサーリンク

Amazon Echoなら、「Alexa」と呼ぶだけなので、抵抗ありません。
ただ、電気をスマートスピーカーでコントロールするためには、電気側が何か対応している必要があります。
ネットで調べた所、スマートリモコンというものが必要だとわかりました。
スマートリモコンというのは、赤外線を使用したリモコンの命令を学習する能力があるもので、複数のリモコンのコマンドを登録することができるものです。
スマート家電コントローラとか学習リモコンという呼び方もあります。
学習リモコンというと、普通のリモコンの形をしているものもありますが、スマートスピーカーからWiFi経由でコントロールできるものを使用することで、Google HomeやAmazon EchoのCMのように、「電気をつけて」と言うことができるようになります。

そこで、これってスマホからリモコン操作できたりするのではないかと考えたのですが、実際にできるようです。

このようなスマートリモコンはいくつか種類があります。

有名なのは、
-ラトックシステム RS-WFIREX2
-リンクジャパン eRemote
-グラモ iRemocon WiFi
-maaash.jp Nature Remo

他にもWi-Fiではなく、Bluetoothで操作できるものもあります。
購入者のレビューを入念に読みましたが、結局どれが良いのかわかりませんでした。
特に複雑な機械でもないんで、Wi-Fiの接続が安定していて、スマホから操作するためのアプリが問題なければ良さそうです。

ラトックシステムは、RS-WFIREX1、RS-WFIREX2とアップデートを繰り返し、もうすぐRS-WFIREX3が発売されるので、過去の実績と今後のアップデートに期待して、RS-WFIREX3をアマゾンで予約注文しました。

事前に、マニュアルを読みましたが、設定は簡単にできそうです。

小さい子供がいるので、頻繁にリモコンが行方不明になります。
夜寝る前に、電気のリモコンがないから布団の下を探しまくるとか、リモコンの電池が切れて、動作しないというストレスから解放される事を期待します。

届きました。
ラトックシステムのRS-WFIREX3が届きました。

-ラトックシステム RS-WFIREX3

Copyright© 自由になりたくて会社辞めました , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.