会社行きたくなかったんです。

自由になりたくて会社辞めました

住宅購入

副業サラリーマンが住宅ローンの仮審査を受けました。

投稿日:

副業もやっているサラリーマンが住宅ローンの審査を受けるとどうなるのか。
ちょっと気になる中古一戸建てがあったので、申し込みしてみました。

そして、まずは、住宅ローンの仮審査を受けることになりました。
不動産会社の担当の方、おすすめの銀行3行に仮審査を申し込みしました。

スポンサーリンク

サラリーマン+個人事業主、さらに、国民政策金融公庫からの借り入れありです。

2日後、国民政策金融公庫からの借り入れが嫌われ、1行から融資NGの通達が来ました。
他の2行は確定申告書を提出するように求めてきました。
できれば、3年分ということですが、1年分だけ提出しました。
理由は、3年前に赤字申告していたからです。

結果、2行はOKでした。
一応、融資額を多めに見積もった上に、不動産購入時にかかる諸経費も含んだ金額も加算した仮審査なので、実際には、もう少し条件がゆるくなるかもしれません。

輸出をやっている人は、消費税の還付も含めて利益を出していることがあるので、もしかしたら、住宅ローンの審査でマイナスに作用するかもしれません。
僕は今回、消費税の申告書を不動産会社の担当の方にわたしましたが、確定申告書だけ提出したと言われました。
消費税の還付分は、実際には利益になっているので、その辺も見てほしいです。

クレジットカード16枚もっていることや、毎月、百万円以上クレジットカード使っている点は特に指摘されませんでした。

キャッシング枠があると、融資の審査にマイナスになるということなので、事前にキャッシング枠をゼロにしておきましたが、たぶん、今回は、まだ、信用情報に反映されていません。

楽天カードでキャッシング枠の減枠をしてみました。
イオンカードでキャッシング枠の減枠をしてみました。

今回は、少しドキドキしました。
住宅ローンの仮審査が通らないということは、住宅購入できる可能性が低いということですから…
一応、物件の評価も審査に関わってくるようですが、それは、金利や保証料に影響を与えるようです。
ちょっと納得できないですが、仕方ないです。

-住宅購入

Copyright© 自由になりたくて会社辞めました , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.