会社行きたくなかったんです。

自由になりたくて会社辞めました

IT トラブル

リモートデスクトップ 「接続ファイルを開くことができません」エラーの解消法

投稿日:

Windowsのリモートデスクトップ接続を使用する時、以下のエラーが発生することがあります。

接続ファイルを開くことができません。-
C:\Users\[ユーザー名]\Documents\Default.rdp

このエラーは、「OK」をクリックして先に進めば問題ないのですが、毎回表示されるので面倒です。

スポンサーリンク

今回は、リモートデスクトップ接続起動時に 発生する「接続ファイルを開くことができません」エラーの解消法を紹介します。

Windows7で操作してみました。

まずは、「Default.rdp」が、どこにあるのか探します。
「Default.rdp」は隠しファイルなので、通常はエクスプローラー上で見ることができません。
まずは、隠しファイルを表示できるように設定を変更します。

スタート→コントロールパネル→フォルダーオプション→表示タブを開き、
「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れ、OKを「OK」をクリックします。

次は、C:\Users\[ユーザー名]\Documents\Default.rdpの場所を開きます。
この場所は「ドキュメントライブラリ」と言います。
エクスプローラのライブラリの中にあるドキュメントを選択します。
中に、「Default.rdp」があることがわかります。

「Default.rdp」を削除します。
リモートデスクトップ接続を起動すると、自動で新しい「Default.rdp」が生成されます。
エラーも発生しません。

この不具合が発生する原因はわかりませんが、以上で対策は完了です。

ストレスが減りました。

-IT, トラブル

Copyright© 自由になりたくて会社辞めました , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.