会社行きたくなかったんです。

自由になりたくて会社辞めました

Amazon ビジネス

アマゾンのコンディションガイドラインが変更になったようです。

更新日:

アマゾンのコンディションガイドラインが変更になったようです。(2017/09/12)
今回のガイドライン変更は、せどりの人にはダメージありそうです。

スポンサーリンク

「新品」として出品禁止の商品が変更されました。

「新品」として出品禁止の商品

以下のいずれかに該当する商品は、新品としてAmazonに出品できません。

- 個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品
- メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品
- Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品


(引用元:コンディション・ガイドライン)

以前のガイドラインが正確にはわかりませんが、個人とAmazon.co.jpから仕入れした商品が出品禁止であるという点が変わったのだと思います。

ヤフオクとかメルカリから仕入れした商品や、Amazon.co.jpで一時的に値下がりしたときに刈り取って仕入れしてから販売するという行為を禁じるためでしょう。

僕は、製品保証の問題だと考えています。

ヤフオクから仕入れする 。

壊れる 。

メーカーに言ってください。

保証されない。

並行輸入品の商品タイトルに[並行輸入品]と記述されていなければならないのと同じ問題です。
購入者が想定している保証と、実際に受けられる保証の間に違いがあるのが問題なのです。

この問題があるので、今まで僕は保証書がついている商品を、ヤフオクなどで仕入れして販売することを避けてきました。
今後、このような商品は全員「ほぼ新品」として出品する必要があるということになれば、逆にやりやすくなります。

でも、今後も無視して、「ほぼ新品」として出品すべき商品を「新品」として出品する出品者だらけで、真面目に「ほぼ新品」で出品すると売れないという状況は続くと思います。

アマゾンはガイドラインが曖昧で、しかも、理不尽な警告、アカウント停止、閉鎖があるのがやりづらい点だと思います。

知らない間に規約が変更されていることがあるので注意したほうがよいですね。

メーカー仕入れの教材が販売されています。

土山 敬士朗さんという方の「上流仕入指南書」です。

せどりの人が国内メーカー仕入れに移行して、メーカー仕入れが荒れるかもしれません。

現時点でも、メーカー直仕入れで利益が出しにくい商品が結構あります。

利益はでるけどロットが大きいというのもあります。

僕自身、メーカーから最安値で卸してくれているといわれている商品がありますが、他のセラーはどうやってこの価格で利益出しているんだろうと疑問に思うものも多々あります。

1個売って利益50円だけど100円くらい利益がでていると勘違いしているのか?それとも、さらに安く仕入れする方法があるのか。

謎です。

 

-Amazon, ビジネス

Copyright© 自由になりたくて会社辞めました , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.