会社行きたくなかったんです。

自由になりたくて会社辞めました

Amazon ビジネス

アマゾンセラーセントラル 認証アプリで2段階認証の設定してみました。

更新日:

日米のアマゾンで、出品者アカウント乗っ取りによる被害がでているので、2段階認証を導入しましょうという案内が届きました。

スポンサーリンク

アマゾンのパスワードって8-128桁だから、そんな簡単にパスワードを解析されたりしないと思いますが、数百万円分の在庫をFBAに納品しているのに、何かあったら最悪ですからね。
僕も今まで、どくに悪いことしていないのに、何度かアカウント停止とか閉鎖とかされたことあります。(アマゾン側のミスっぽかったので、ちゃんと復活できました。)

2段階認証ってよくわからないけど、めんどくさそうだという人のために、手順をまとめました。

アマゾンセラーセントラル 認証アプリで2段階認証の設定する方法

セラーセントラルにログインして、こちらを開くと2段階認証の設定ページに飛びます。

または、セラーセントラルの右端の設定>ログイン設定
を開き、「高度なセキュリティ設定」の右側の「編集」ボタンです。

「設定を開始」をクリック

「テキストメッセージ(SMS)」と「認証アプリ」という選択肢があります。
「携帯電話と使わないでコードを生成する方法」と書いてあるので「認証アプリ」を選択しました。

「1.認証アプリを開く」
認証アプリ???
ここで挫折しそうになりますね。

上の画像でモザイクにしてある部分にQRコードがありますが、
認証アプリというのは、QRコードを読みとって設定することで、認証に必要なコードを表示してくれるアプリのことです。

これをスマホにインストールしておくことで、認証アプリを開けば、いつでも認証コードを確認することができます。

ネットバンクの振込のときに使う、ワンタイムパスワードのアプリと同じです。
ネットバンクなどで使うのは、専用アプリですが、アマゾンの2段階認証の場合は、アマゾンが提供するQRコードにより、一般的な「認証アプリ」によって、コードを取得できるということです。

ということで、一旦、スマホ側で「認証アプリ」をインストールする作業に移ります。

「認証アプリ」をインストールする方法

Google Playで「Microsoft Authenticator」をインストール

アカウントの追加

他のアカウント(Google Facebookなど)

パソコンの画面に表示されている、QRコードを読み取ると、スマホの画面に、「Amazon」というアカウントが表示されます。
20秒毎にコードが変わるようです。

このコードをパソコンの画面で入力し、
「コードを確認して続行」をクリックします。

 

 

バックアップ手段を追加という画面になります。

結局、スマホにコードを送る必要があります。

スマホでSMSで受信するか、音声通話でコードを受信することができます。

「携帯電話と使わないでコードを生成する方法」って書いてあったのに。。。
SMSと アプリ の2段階認証の違いに関して理解していなかたので、
これが嫌だからアプリにしたのにって思ってしまいました。

  • SMSの場合は、毎回、SMSでコード受信
  • アプリの場合は、アプリの画面でコードを確認

そして、どちらの方法でも、最初はSMSによるコードの入力が必要だということです。
ガラケーならSMS一択、スマホならどちらでも選択できるということですね。
ちなみに、スマホもガラケーもないよという方のために、試しに、 050番号でSMSが受信できるか試してみましたが、ダメでした。

パソコンで認証アプリを使用して、音声通話をバックアップ手段として使用する方法もあります。

 

「この端末ではコードの入力は不要です。」にチェックを入れれば、毎回コードを入力する必要はないようです。

設定完了したので、試しにサインインしてみました。

 

メールアドレスと、パスワードを入力後、

コードの入力を求められます。

「このデバイスで、再度コードを要求しないでください。」にチェック入れたら、次回から今まで通り、メールアドレスとパスワードだけでサインインできるようになりました。

しばらくしてログインしてみたら、なぜか、コード入力を求められました。
なので、再度、「この端末ではコードの入力は不要です。」にチェックを入れました。

そして、2段階認証の画面を確認したら、
「コードの入力が不要な端末が2個あります」となってしまいました。

ちょっと気持ち悪いですね。
もしかしたら、グローバルIPが変わるとダメなのかもと考え、ルーターを再起動して、グローバルIPを変えてサインインしてみましたが、コード入力は不要でした。

ブラウザの履歴を削除してみたら、コード入力を求められました。
IPアドレスを変えずに、ブラウザの履歴を削除してもコード入力を求められました。

どうやら「この端末ではコードの入力は不要です。」はブラウザのキャッシュを利用しているようです。

-Amazon, ビジネス

Copyright© 自由になりたくて会社辞めました , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.