会社行きたくなかったんです。

自由になりたくて会社辞めました

子育て

テレビなし育児はメリットだらけ。テレビなし育児のコツ

投稿日:

子供が3歳くらいまでテレビがありました。
幼稚園に入ってしばらくした頃に、テレビなしにしました。

特にここ数年ですが、テレビは、

おいしい食べ物
低レベルなクイズ
人の悪口

ばかりになって見たくなくなってしまいました。
ドラマなど、みたいものもあったのですが、
思い切ってテレビそのものなしにしました。
今はパソコンのモニタとして使っています。

当然子供はテレビを見たがります。

テレビなし育児は周りに心配される。

祖父母は、テレビを見せてあげないとかわいそうだとか、
幼稚園で先生に言ったら「えー」と言われたりします。

祖父母の理屈では、テレビを見せてあげないと、世の中で起きている事件とか事故の情報が入らないから、
知らない人に誘拐されたり、ケガのリスクが高まったりするとのことです。

そんなことないと思いますが…。
仮にそうだとしても、幼稚園児や小学生が朝のワイドショーを見ることはないので、
だいぶ先のことになるでしょう。
その頃には、テレビが家にあるのが珍しくなっているかもしれません。
そもそも、自分たちが子供の頃テレビなかったのに、どの口がそんなこと言っているのだと思いました。

幼稚園の先生に、子供が友達がいないと言っていると言ったところ、
テレビないと、みんなが知ってるようなアニメの歌とかがわからなくて、
わからなくても輪に入っていける子ならいいけど、
そうじゃない子だと辛いのかもしれないと言われました。

こちらが余分なこというから、先生も知恵を絞って答えてくれたのでしょう。
一理ありだと思いましたが、どんなアニメの話かと思ったら、うちの場合、テレビがあったとしても、テレビをつけていない時間帯のものばかりでした。

テレビなし育児の問題点、デメリット

小さい子供は、常に退屈しています。
僕の場合は、子供と同じなのでありませんが、大人だと、起きていても、ぼーっとしている時間があったりするのですが、そういったことが一切ありません。
自分でおもちゃで遊んで飽きたら、親に一緒に遊んでほしいと言ったり、
タブレットでゲームがしたいとか、Youtubeがみたいとか、絵本を読んでほしいとか、延々と言い続けます。
テレビがあれば、テレビをつけて見せておけばいいのですが、
テレビがないと、全部自分で相手する必要があります。
タブレットのゲームなら、タイマーをつけて短時間やらせれば、その間は自由です。
Youtubeは変な動画を選ばないようにみはるか、Youtube Kidsをみせることになります。

ただ、Youtubeは虚無動画だらけなので、自由に見せるのはやめたほうがよいです。

幼児が夢中になる虚無動画をチャンネルごとブロックする方法

ということで、デメリットは親の時間がなくなることです。

テレビなし育児はメリットだらけ

上記のデメリットはメリットです。
子供と触れ合えるなんて、子供が小さい頃だけです。
大変だけど楽しい時間なので、テレビなんか見て過ごしていたらもったいないです。

他にもメリットがあります。

-子供が文字を覚えた。
退屈すぎて、ひらがなとカタカナを覚えたようです。

-子供がクリエイティブになった
毎日、絵をかいたり工作したりするようになってクリエイティブになりました。
字も書けるようになったので、絵本の模写もしています。

-子供との会話が多い
大人も退屈なので、幼稚園で何があったのかなどとよく話しかけます。

毎週図書館で絵本を15冊程度借りてきて読み聞かせしています。
テレビがあったらテレビに頼っていたでしょう。

スポンサーリンク

テレビなし育児のコツ

-タブレット、Youtubeは週に2回程度30分くらい見せても良い。
動画は見たがるので完全に我慢させる必要はないでしょう。
子供にタブレット渡して、放置すればいい、スマホには世界の全てが詰まっているなんて言い張っている有名人がいますが、
そんな戯言に騙されないようにしてください。
親に制限されたことを恨みすぎてあんなふうになってしまったようですが、
親には子供に選択肢を与えるだけでなく、判断力がつくまで、問題のある選択肢から遠ざけておく義務があります。
自分が子供だったころを思い出せばわかります。
男の子だったら、あの頃、ネットつなぎ放題だったら何を検索していたか。
わかりますね。

-頭や身体を使うおもちゃをたくさん与える。
レゴ、積み木、ままごとセット、トミカなどのおもちゃや、
折り紙、画用紙、ペン、テープなどをたくさん与えておくと良いです。
空き箱なども喜びます。

-絵本をたくさん読んであげる。
テレビを見ている子より日本語を聞く機会が少なくなるので、絵本をたくさん読んであげると良いです。
日本語の文字を読んで理解できるかどうかが将来の学力、生きる力に大きな差を生みます。
家庭教師の経験でわかったことですが、学校の勉强ができない子に教科書を音読させるとすらすら読めません。
一番最初で躓いているのです。
情報の入り口が閉ざされているので、勉强だけじゃなく、将来コミュニケーションにおいてもトラブルの原因が理解できず苦しむことになります。

-休みの日は、自然の中に連れて行って遊んであげる。
繰り返しますが、スマホに世界の全ては詰まっていません。
単なる道具です。
道具を使いこなすためには、他の条件が必要です。
身体を動かしたり、自然と触れ合う喜びを体験させてあげましょう。

大人にとってのテレビなしのデメリット

僕の場合ですが、ビールを飲む量が増えました。
子供とままごとしたりするのは、ちょっと退屈なので飲みながらつきあってしまいます。

みんなが知っているニュースを知らないことがあります。
といっても、そういうのはゴシップばかりなので問題ありません。
子供を連れてよく出かけるので、危険情報などはネットでチェックしています。

時間が長い動画をみることができなくなりました。
Youtubeを2倍速で見ているので、テレビは遅いし長いし、無駄に引っ張るので見ることができなくなりました。

大人にとってのテレビなしのメリット

退屈なので筋トレが継続できるようになりました。
退屈なので皿洗いするようになりました。
退屈なので風呂掃除するようになりました。
退屈なのでおもちゃの片付けをするようになりました。

こういう日常的なことをやっているとマインドフルネス効果があります。
マインドフルネスに関しては、Kindleで「マインドフルネス」と検索して無料の書籍を何冊か読むとわかります。

精神衛生状態がとても良くなります。

テレビを見るために、早く帰ったりすることもなくなりました。
日曜日にでかけても、イッテQがみたいから、その時間までに帰るとかしなくてよいので、
遠くのきれいな海に行けるようになりました。

無意味にテレビを見続けることがなくなった。
ただ、Youtubeは見てしまいます。

-子育て

Copyright© 自由になりたくて会社辞めました , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.