会社行きたくなかったんです。

自由になりたくて会社辞めました

遊び

杉原千畝記念館 行ってきました。

投稿日:

花粉症がきつかったのですが、家に居てもしょうがないと考え、近場で遊びに行けそうなところをチェックしていたところ、名古屋から車で一時間半程度の距離に杉原千畝記念館があることがわかったので、行ってきました。

杉原千畝さんはリトアニアの日本領事代理だった1940年、ナチス・ドイツの迫害を恐れ、日本を通って米国などに渡ろうとするユダヤ人に対し、日本政府の意向に反して独断で通過ビザを発給したことで有名です。「命のビザ」と呼ばれ、約6000人のユダヤ人を救ったといわれています。

スポンサーリンク

日本のシンドラーという名前でも有名です。
記念館がある八百津町生まれで、名古屋の瑞陵高校出身だそうです。

たまにテレビでも紹介されますが、漫画で読むのもおすすめです。

小学館版 学習まんが人物館 杉原千畝 (小学館版 学習まんが人物館)

杉原千畝記念館に行く途中、大きな滑り台がある公園や食堂などがあり、点々と駐車場があります。
まずは、一番上まで登って記念館に行ってから順次おりていくとよいです。
大きな滑り台がある公園は、休日でも空いていて、小さい子どもが長い時間遊び続けても安心してみていられる遊具が充実した公園です。

杉原千畝記念館の前について、最初に感じたことは、思ったより小さいということでした。
確か大人一人300円だったと思います。
妻が栞買っていました。
中の展示は日本語、英語、ヘブライ語で解説が書かれています。
学習まんが人物館 杉原千畝」によると杉原千畝さんはロシア語に精通していたようなので、最初ロシア語なのかと思ったのですが、なんか違うような気がして、受付の方に確認したところ、ヘブライ語だということでした。
ヘブライ語はイスラエルの公用語で、僕が行った日もイスラエル人の一行が訪れる予定だったようです。
近くに2軒食事できるところがあり、ダムカレーがあると書いてあったのですが、時間がおそすぎて食べることができませんでした。

-遊び

Copyright© 自由になりたくて会社辞めました , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.