会社行きたくなかったんです。

自由になりたくて会社辞めました

ダイエット

半年で10キロ程度痩せたダイエット。ひろゆきも言っていた方法。

投稿日:

半年で10キロくらい体重が減りました。
リバウンドする気配はありません。

2チャンネルで有名な西村博之さん(ひろゆき)が話ししているのをYoutubeで聞いて、確かにそのとおりだなと思って、実践したら、普通に痩せました。
世の中には、○○ダイエットとか、これを食べていれば痩せるとかいうものが蔓延していますが、ひろゆきさんの意見は当たり前過ぎて、スルーしてしまうものでした。
記憶があいまいですが、以下のようなことを言っていました。

「食べなければ痩せるのに、バカなのかなぁ」

確かにその通りですね。

スポンサーリンク

でも、食べたいよねって、これを聞いたときは思いました。
あとで気づくのですが、意外と食べたくて食べているわけではないんです。
惰性や習慣です。
僕の場合、40歳近くなって、以前より内臓が弱くなったような感じがすることと、歯のトラブルが重なって意図せず、食事量が半減しました。
半減させて、間食代わりにミネラルウォーターばかり飲んでいたら、2週間程度で、胃が小さくなったのか、今までと同じ量食べると、気持ち悪くなるようになってしまいました。

さらに、歯を失うリスクにさらされて、歯を丁寧に磨き、甘いものを食べたり飲んだりしないようにしていたら、甘いものを食べると、気持ち悪くなるようになってしまいました。

沢山食べることや、甘いものを食べることは、習慣でできるようになっていただけで、身体に負担をかけていたことに気が付きました。
久しぶりにチョコレート一箱食べたら、体調不良になりました。

1日3食食べる必要があるとか、毎日30品目食べないと栄養のバランスが悪いとか、僕には論理的な説明がなされているとは思えません。
上のような主張がされる一方で、自然に近いものが健康的であるとか言われたりしています。
1日3食、30品目が自然な状態であるとは到底思えません。
仮に自然の方が良いのだとしたら、栄養失調にならない程度に食べて、体調に合わせて、食べる量を調節したりするほうがよほど自然です。
さらに、たまに食べることができない時があるのも自然です。

食べる量が減ると痩せるというのは、何の矛盾もないことです。
太っている場合は、太ることができる量食べているということです。

簡単なので、痩せたい人は、食べる量を減らしてください。
コツは食事を減らすというよりも、習慣を変えることです。
いつもおにぎり2個食べている場合、1個だと不安になります。
その場合、パンに変えてみたりします。
今まで、毎日やっていたこととは別のことが当たり前になるようにします。
2週間程度できると、習慣化します。

成長期の頃にできた食習慣を30歳超えて続ける理由はありません。
身長を伸ばす必要がないので、一食減らしても良いくらいです。

僕は以前、毎日ランチに1000円使っていましたが、足のリハビリのために昼休みに少し歩く時間と取る必要があり、コンビニで、缶コーヒーとおにぎり2個で一ヶ月程度過ごしました。
そしたら、ランチに1000円使うことに抵抗はあるし、そもそも飲食店で提供されるランチは量が多すぎて食べることができなくなりました。

身長170cmで年末は体重72kgでしたが、現在は62kgです。
高校生の頃は、58kgで、細マッチョだったのですが、62kgでも、まだぶよぶよです。
筋肉の量が落ちているのでしょう。
食事制限である程度体重を落としたら、次は運動をしたほうが良さそうです。

ランニングすることにしました。
ランニングでスマホが邪魔なので、これか買いました。

-ダイエット

Copyright© 自由になりたくて会社辞めました , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.