会社行きたくなかったんです。

自由になりたくて会社辞めました

Amazon ビジネス

Amazon輸入、Amazon.comの支払いをドル建てにしてみた結果

投稿日:

輸入販売するため、頻繁にAmazon.comで購入しています。
Amazon.comでは、注文する時に、支払いする通貨をJPYかUSDか選択することができます。

スポンサーリンク

JPYで購入する場合は、次の画像のように「1USD=116.607397473 JPY」であるということがわかるようになっています。

ちなみに同じ日にグーグルで「1ドル」と検索すると112.587255 円になります。
だいたい4円くらい高いレートが設定されているようです。

ドルで購入するには、「USD」を選択して「Place your order in USD」をクリックします。

実際に、2017年3月22日に26912円のものをドル建てで購入してみました。
231.90ドルドルでした。
クレジットカードに請求された金額は26225円でした。

円建てで購入すると、1ドル116.050021561円となるところ、
1ドル113.087537732円で購入できたことになります。
1ドルあたり、2.962483829円、約3円仕入値が下がったことになります。

為替レートの変動が激しい時は、逆にマイナスになる可能性があります。
クレジットカードのレート換算日は、カードの利用データが、決済センターに到着した日付です。
なので、おそらく注文後一週間以内の日付がレート換算日になります。
上の数字から計算するとAmazon.comでJPYで決済する時は、実際のレートに3.5%くらい上乗せされています。
クレジットカードの場合、だいたい1.6%くらい上乗せになるので、Amazon.comのレートよりも2%近く安いです。
以上のことより、Amazon.comでの支払いは、ドル建てにしたほうが良いです。

-Amazon, ビジネス

Copyright© 自由になりたくて会社辞めました , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.