会社行きたくなかったんです。

自由になりたくて会社辞めました

未分類

クサフグの天敵は?クサフグを叩きつける人がいるらしい。

投稿日:

磯遊びが趣味なので、クサフグ大好きです。
見た目は可愛いし、なぜか膨らむ時がある、声をだすこともあって、とてもおもしろいです。
声ではなく歯ぎしりらしいです。
歯があるので噛まれることがあります。
噛まれた場合は、傷口から毒が入る可能性があるので、すぐに手を洗ったほうが良いです。
しかも、飼育も容易なので、たくさん飼っています。
なので、しらなかったのですが、釣り人たちの間ではクサフグは邪魔者扱いで、連れたら、そのへんに捨てたり、
叩きつけたりする人がいるらしいです。
そのまま海に戻すと、また釣れてしまうので、路上に放置したりして駆除したつもりになっているおじさんがいるようですが、犬や野良猫が食べたりしたらいけないので、やめたほうがよいでしょう。

磯遊びでは簡単に捕まるのが利点なのですが、釣り人にとっては、狙った魚でもないのに釣れてしまうので外道と呼ばれたりします。
クサフグには毒があります。
毒が含まれる部位は、肝臓・卵巣・腸が猛毒、 皮膚は強毒、筋肉・精巣は弱毒ということで、皮膚にもそこそこ強い毒があります。
皮膚に毒があるからといって、触ったらいけないわけではありません。
テトロドトキシンという神経毒で、加熱しても
触った程度では問題ありません。分解されす、致死量は1〜2mgです。
膨らんだとき、お腹にトゲトゲがあってざらざらしますが、それももんだいありません。
念のため、子供が触った直後は、目をこすったり、指をなめたりしてしまうかもしれないので海で手を洗うようはしています。

クサフグに天敵はいるの?

クサフグの天敵は、フグ毒に耐性がある、サバフグやトラフグ等の大きなフグです。
稚魚の頃は、毒が少ないので、フグ以外に捕食されることもあるようです。
クジラのような巨大ない生き物なら、一匹食べたくらいでは死なないので、口に入ってしまうことはあるかもしれませんが、
クジラがいるような深い海には、フグはいません。

飼っているクサフグが死んだらどうすればよい?

クサフグを飼育していて、死んでしまった場合、速やかに水槽からとりだします。
腐敗すると、毒がミズに溶け出して、他の魚が死んでしまいます。
クサフグの毒は、細菌が生産する毒素を貝やヒトデが取り込み、それを食べたフグの体内に濃縮され蓄積されたものなので、飼っているうちにだんだん薄まっていき、いずれ無毒になるのですが、無毒になったかどうか判別する術がないので、毒があるものとして、クサフグの死体を処理します。

-未分類

Copyright© 自由になりたくて会社辞めました , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.